抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

サイトメニュー

抗うつ剤の色々

男性

うつ病は脳内神経伝達物質の働きがうまくいかないことが原因なので、抗うつ剤の投与が鉄則で、それは半年以上飲み続けることが大切です。副作用が辛い場合や効果が得られない場合は、他の種類の薬に変えたり他の薬と併用したりして様子を見ます。

詳しく見る

誰でもかかる病

ハート

うつ病と一口に行っても現在では様々な種類があり、その症状はそれぞれ少しずつ違います。うつ病は脳内から分泌されるセロトニンなどが原因とされていて、抗うつ剤には病気の原因となる脳内物質の分泌を抑制したり、促進させたりする効果があります。

詳しく見る

予防と治療

医者

うつ病は自分自身の性格を把握し柔軟な対応が出来るようにする事や、食生活の見直しによって予防できます。また、抗うつ剤が必要となった場合の入手方法は、必ず病院を受診して自分にあった種類の薬を処方してもらう方法しかありません。

詳しく見る

発症要因は複雑に絡み合う

男性

うつ病には単発で完治するものもあれば、再発を繰り返す反復型、長期間ダラダラと続く持続型など大別して3つの種類があります。もっとも多い反復型では、再発を防ぐために症状の改善はもちろんですが、自己変革というアプローチも必要になります。

詳しく見る

抗うつ剤使用の目的と病院

病院

うつ病になった場合は、いろいろな種類の薬から自分に合った物を選び、使用することによって脳内環境を整える事で症状を改善させていきます。病院を選ぶ際には、様々な特徴、院内の雰囲気や先生との相性を考慮した上で、検討する必要があります。

詳しく見る

症状の違いによって

カウンセリング

薬の費用や相場

うつ病には、症状によって大きく2種類に分けることができます。一つはうつ症状だけが出る場合で、これを通常うつ病、あるいは大うつ病性障害と言います。もう一つの種類は躁の症状が交互に伴う場合で、これを双極性障害と言いますが、気持ちが沈んでいたかと思うと、健康な人以上に元気になって、まるで疲れを知らないかのように頑張ってしまい、再び気持ちがどんと沈むのを繰り返します。当然のことながら症状の違いによって処方される薬も異なってきます。一般に心の病気と呼ばれるうつ病は、脳の神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンなどの物質が減少してくることが直接の原因と考えられています。セロトニンとノルアドレナリンは気持ちを落ち着かせる効果があるもので、これが減少してしまうと逆に気持ちが落ち込んでやる気が出てきません。しかし、なぜセロトニンとノルアドレナリンの分泌が減少してしまうのか、はっきりした原因はわかっていません。人間関係や仕事の極度のストレスがきっかけになると考えられています。うつ病の種類によって処方される抗うつ剤が異なります。病院から処方してもらう場合は、良く使用される抗うつ剤は通常1錠10円から200円程度ですが、3割負担で良いので安く購入することができます。ただし、そこに診察料が加算されます。自分でもネット通販などを通して購入することもできます。この場合100%負担となってしまうので薬の価格そのものは高くなってしまいますが、診察料はかかりません。費用以上に病院に通院するのが難しいという人にとっては、ネット通販で抗うつ剤を購入することができるのは助かることでしょう。医薬品のネット通販は、通常個人輸入代行という形を取っています。海外の医薬品であれば処方箋なしで購入することができるので、このような医薬品のネット通販サイトが生まれました。使い方は簡単で、普通のネット通販サイトと同じような感覚で使用することができます。ただ薬を服用することによって万一のトラブルが発生した場合は自己責任となることが多いです。そのためよく理解しているうつ病の薬をうつ病の種類に合わせて購入するようにしましょう。