抗うつ剤の色々|抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

サイトメニュー

抗うつ剤の色々

男性

服用の基礎知識

うつ病は心の病気ですが、心が弱いから罹る病気ではありません。体や心のバランスを保つ脳内神経伝達物質が上手く分泌されないことで発症するのではないかと考えられます。うつ病の人は、色々種類がある脳内神経伝達物質の中でも特に安心感を生み出すセロトニンや、やる気などを引き起こすノルアドレナリンが足りないことが分かっています。ですから、うつ病の治療は抗うつ剤による治療が基本です。抗うつ剤には依存性があるという誤解は少なくないですが、ほとんどの薬では心配ありません。抗うつ剤の種類は、新薬の順番にNaSSA、SNRI、SSRIです。新薬の方が脳内神経伝達物質へより選択的に働きかけるため、優先的に処方されます。しかし、昔からある三環系や四環系も人によっては効果的ですし、価格も安いので経済的負担が軽いです。三環系や四環系はセロトニンには働きかけず、ノルアドレナリンだけに作用します。そしてNaSSAは直接セロトニンとノルアドレナリンの分泌を助ける作用があり、SNRIは分泌されたセロトニンとノルアドレナリンが吸収されるのを防ぐ作用があります。また、SSRIの働きはセロトニンの吸収阻害のみです。抗うつ剤を処方されるうつ病の程度は、中程度から重症の人で、軽い症状の人には使われません。抗うつ剤の種類によって程度は異なりますが、副作用は新薬になるほど軽い傾向にあります。また、飲みすぎてしまった場合の危険性も低いです。抗うつ剤に即効性は期待できず、徐々に効いてくるのが特徴です。2週間くらい飲み続けてやっと効果が現れ始めたと言う人も少数ではありません。さらに、自分の力で脳内神経伝達物質の働きを調整できるようになるまで飲み続ける必要があります。服用期間は初めてうつ病になった人の場合で半年が目安です。抗うつ剤には副作用が伴う可能性があり、特に他の神経系に作用してしまう場合が多いです。よくある副作用には、口の渇きや便秘及び排尿障害、胃腸障害などが挙げられます。それに飲み始めに却って不安や焦燥感、衝動性が高まることがあります。こうした副作用の発現は個々によって異なり、飲んでみないと分からないのが現状です。もし副作用が強く辛い場合は、他の種類の抗うつ剤を処方してもらうようにします。