発症要因は複雑に絡み合う|抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

サイトメニュー

発症要因は複雑に絡み合う

男性

単発・反復・持続型がある

うつ病の発症にはそれになりやすい性格、引き起こすきっかけ、脳内生化学物質の易変動性という3つの要素がからんでいます。この3つの要素が個人にとって、また時と場合によって複雑に絡み合って発症するため、様々な種類のうつというものが存在します。また、うつ病は治りやすいが再発もしやすいといわれる病気です。治りやすいのは、脳細胞の死滅に起因するのではないかという説があり、心や気持ちというのは一時的に燃え上がったりしても、時間経過とともにほとぼりが冷めてきます。安静や休養がさまざまな種類のうつ病治療で重要とされているのはそのためです。脳内生化学物質の異常も時間の経過とともに正常に戻ってくるため、治療にあたってはそれを待つのが基本姿勢です。一方で、再発しやすいのは第一に性格をなかなか変革できないことにあります。一般的にうつ病になりやすいといわれる生真面目などの良い性格であることが多いので、それを正すということに無理が生じてしまいます。そのため、物の見方や考え方を変えていくことで思考を変革するようなアプローチがとられることが多いです。うつ病には多くの種類があり、大きく分けて単発型と反復型、持続型の3つに分類されますが、中でも反復型は一番多いとされています。幸いなことにどんな種類のうつ病でも、回復することが多いです。きっかけとなった辛いストレスを克服したり、時間経過とともにそのストレスに慣れてしまったりするなど、自然に治癒することもあり、これは単発型に多い傾向です。個人的に短い長いの差はあってもいずれ克服していく病気になります。しかし、その人のものの見方や考え方が変わらない限り、似たようなストレスに遭遇すればうつ病は容易に再発してしまうわけです。再発した場合、初発よりもさらに辛さを感じます。それは初発の時に回復したことで単発型だと考え、治ってしまったと勘違いするからです。治ったと考えていたものが治っていなかったショックでさらに辛くなるのが反復型です。うつ病を引き起こしやすい性格や自分はどんなストレスに弱いかなど、自分の特徴を見つける自己洞察、や自己変革が必要なタイプになります。そして、近年増えているのが持続型です。なかなか軽快や治癒に向かわず症状がダラダラと継続するタイプです。病気がきっかけで脱落したような気になり長期化してしまうことが多いのが特徴になります。