抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

サイトメニュー

抗うつ剤使用の目的と病院

病院

自分に合った治療

うつ病である場合の有効な治療方法は投薬だと言われています。症状がある原因は脳の働きに何かしらの問題があることですので、脳内環境を整え、脳を通常の状態へ近づける必要があります。治療には主に抗うつ剤という薬が使用され、この薬は脳内の情報伝達などの状態を整える効果があります。薬の効果か出るのは、個人差もありますが1〜2週間かかると言われています。症状に合った薬を処方されますが初めての処方の場合は、弱めの薬を使用されます。体に合っていない場合は、強い副作用が出ることもあるからです。しばらく飲んで様子を見て、処方を変えるというプロセスが何度か続くと考えておいて下さい。薬の種類は、新型抗うつ剤と呼ばれている種類のSSRI、SNRI、NaSSAをはじめに処方されることが多いです。その理由は、効果が出るまでの時間が早く、副作用も少ない薬だと言われているためです。それでも症状の改善が見られない場合は、四環系や三環系抗うつ剤と言った使用実績期間が長い薬もありますが、効果は大きいが副作用も強いと言われています。一概にこの薬が効くというわけではないので、状態や体に合う合わないを患者自身も見極めて、使用を決めていく事がうつ病の治療に繋がります。うつ病になってしまった場合は、病院選びも大切です。しかし、どの病院で診てくれるのかなど分からない場合は、インターネット検索と行政が行っている相談窓口も活用してみて下さい。インターネット検索では、病院の情報が分かりますので、先生の印象なども知る事が出来ますので、とても参考になります。先生との相性は、うつ病を治療していく上では重要です。治療の際には、様々な種類の薬を処方されますが、その薬が効いたのかなどは自分にしか分かりませんので、医師には自分の状態ときちんと話せる関係でなければいけないからです。少しでも雰囲気が良いと感じ、接しやすそうな先生がいる病院を選ぶようにして下さい。行政の相談窓口では、受診が行える病院を細かく教えてくれます。病院にも種類があって、入院施設があるか、診療所なのか、常勤の医師がいるのか、緊急時も対応してくれるかなどは異なっています。それらの特徴をきちんと教えてくれますので、安心して受診することが出来ます。また、自宅の簡単な住所を伝えることで、近くにある診療所などの情報を教えてくれます。どんなに良い病院でも、家から遠いと体調が悪い時は通院しにくいと感じる可能性もあるので、通いやすさもポイントとなります。