誰でもかかる病|抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

サイトメニュー

誰でもかかる病

ハート

種類によって対処が変わる

現在、鬱病は大きな社会問題となっており、決して他人ごとではありません。鬱病はこころの風邪と呼ばれるほどだれもがかかりうる可能性がある病気なので、私たちは鬱病についてもっと知識を深める必要があります。うつ病と一口に言っても様々な種類がありますが、特に代表的なものをチェックしましょう。世間一般的に言われている鬱病と呼ばれるものに最も近い症状を発症するのが大うつ病性障害です。大うつ病性障害の特徴的な症状としては、意欲の減退が挙げられます。気分のすぐれない状態が長期的に続き、楽しいと感じるようなことが全くなくなります。症状がひどくなるといつも言っていた学校や会社に行けなくなりますし、大好きだった趣味や興味がある物事に関しても一切関心を示さなくなります。一方、近年患者数が増えているのが否定型うつ病と呼ばれている種類のもので、別名新型うつ病とも呼ばれています。基本症状としては意欲の減退なのですが、大きな特徴として自分が興味のあるものに対しては気分が高揚し、意欲を見せるようになります。うつ病と診断された場合、ほとんどが薬を使った投薬治療になります。うつ病の際に処方される薬として最も一般的なものが抗うつ剤と呼ばれる種類の薬です。抗うつ剤にもその人のうつ病の症状によっていろいろな種類がありますが、薬の効果に関しては共通しています。抗うつ剤を飲むとどのような効果が得られるのかについてチェックしましょう。うつ病の主な症状樽、意欲の減退には脳内から発生される物質によって引き起こされていると考えられています。代表的なものとしてはセロトニンやドーパミンなどがあります。抗うつ剤にはこれら感情に作用する脳内物質の分泌を抑制したり促進させたりする働きがあり、それによって感情の浮き沈みを安定させたり、意欲を出させたりする効果があります。抗うつ剤のほとんどは服用してすぐに効果が出る物ではありません。薬をのみつづけることによってゆっくりと効果が表れ、病気の症状を和らげてくれるのです。そして中には薬を飲むことによって吐き気や頭痛などの副作用が出る場合もあります。