予防と治療|抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

抗鬱剤の入手方法【うつ病の種類に合わせて購入】

サイトメニュー

予防と治療

医者

自己分析と薬入手法

うつ病という病気は、脳の病気といわれていますが、いくつかの予防方法があります。まず1つ目は、自分の性格をよく知るという事です。うつ病を発症しやすい人は、真面目で完璧主義の人、正義感が強く少しでも間違った事をすることが出来ない人が該当すると言われていれています。しかし、このような性格の人は、自分がそのような性格であることを自覚していない場合が多いです。その結果、学校や職場で言われたことを完璧に出来ない状況や、周りに求められている事以上の事をしようとして、心身共に疲弊してしまい症状がでてしまいます。そのため、自分がどのような性格であるか知った上で、学校や職場で頑張り過ぎない、柔軟な対応が出来るように心がける事が必要です。2つ目は、食生活です。うつ病の中には、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが欠乏すると発症する種類があります。 セロトニンは、トリプトファンという成分から生成される事が分かっていますので、それらが含まれている肉類、乳製品、納豆などこれらの種類の食品を摂取するように食生活を改善すると予防になります。うつ病を治療する上で、抗うつ剤の使用は欠かせません。様々な種類のうつ病に対処できる薬が開発されているので、自分の症状に合った薬を選ぶ必要があります。しかし、抗うつ剤は麻薬と同じ作用を引き起こす恐れがありますので、市販薬として販売することは認められていません。そのため、入手方法は専門の病院を受診するという方法しかありません。基本的には精神分野専門医のいる病院を受診して、処方してもらいますが、軽い症状の場合は普段行っているかかりつけ医に相談して処方してもらう事も出来ます。しかし、この場合は限られた種類の中から、比較的効き目も副作用も少ない薬が処方されると考えておいて下さい。専門医でない場合は、うつ病の確定診断を行う事が出来ませんので、的確に症状に効果がある薬、分量を把握することが難しいので、一般的に処方される抗うつ剤を使うためです。処方された薬で様子を見ても、症状が改善されない場合は、かかりつけ医に相談の上、心療内科の受診を検討した方がよいでしょう。